3種類の健康衛生異なった水温入浴する保健効果

2016-03-28

温浴
は、血管拡張、血液循環、筋肉けいれんを軽減、鎮静作用があります.不眠は寝る前に熱湯浴を行う、睡眠には助ける、皮膚のかゆみ感も軽減されます.熱湯浴は肌に汚れ、毛穴、汗腺などをすっきり、皮膚の代謝力と抵抗力を高めて.

については、チフス菌は、清潔な皮膚と汚れの皮膚に、10分後にサンプリングし、汚れの皮膚に細菌が死亡、汚れた皮膚に細菌がまだ存在しているということです.医療中、熱湯浴は慢性関節炎、骨折治癒と他の慢性疾患治療に使用可能なことができます.

p〉〈時は> <温水浴
は、温水浴や給湯浴との間、水温は34℃前後の入浴を指している.正常な人の体温は36 . 5℃~37℃の間、皮膚温度は32℃~33℃の間.34℃の温水は皮膚の温度が少し高くて、しかし体温が低いに比べて、手を使うことが少し生温いて、泡が変わる後、体温は変えない、寒くない、暑いことはありません.

しかし、水浴やお湯浴では、その刺激が大きい場合は、温水療法を選択することができます.例えば心肺機能が悪い患者、火傷の病人は、温水浴を選択する.

冷水浴
P冷水浴は10~20℃間の冷水浴で、皮膚の新陳代謝を促進し、皮膚の栄養を増強させます.長期的に冷水浴の人、皮膚は柔らかくて、赤くて、弾力性、健康の美を表示して、健康の美を表示していた.

冷水浴時、血管を大量にプッシュ血液も内臓血管稍停後、皮膚の血管の再拡張、血液は流れから大量に内臓血管表、一枚一縮、血管の受ける能力を高めて、血管の弾力性を強めて、予防に役立ち血管硬化症.

加えて、冷水浴も呼吸器、消化器官の機能を増強し、呼吸器感染、リューマチ、関節炎などの病気の発生、積極的な役割を果たしている.

Pは冷水浴を洗うには、法についての方法をとるべきだ.すぐに冷たい水、水温はしだいに10℃以下に下がって、このように体に適応する過程がある;先に夏から始めて、ずっと冬季にまで堅持して、一年中は絶えず.朝、睡眠後の抑制状態、睡眠後の抑制状態、睡眠後の効果を選択します.お昼にも选ぶこともできるが、夜はあまりにも適しない.洗う時間は長すぎる、短い者数十秒、長は数分でできます.撮影できる局部から全身、すなわち、まず顔頭浴、足湯、そしてまた全身拭い浴、シャワーをして、体質もいい者を寒中水泳.

冷水浴はすべて人に似合うというわけではない.ある人の皮膚は冷水に敏感に敏感で、冷水はじんましんじんましん、血が発生することができます