1月, 2017年

夏の健康衛生養生女の夏は、16の悪習を警戒すべきだ

2017-01-23

p> <夏季の養生はやっと更に何体の健康、夏季の養生はどれらの悪い習慣が女性の体の健康に影響を与えるだろう?今日小編をみんなで夏に影響を与える棚卸いくつか女性の健康に悪い習慣に従って、急いで小編に以下

を見てみましょう!夏はどのように養生して女の夏は、16の悪習に警戒すべき

を警戒すべきだ1、夜が野宿するべきではない真夏の季節、身に汗腺汗腺は絶えず汗を分泌して、体内の熱量を発散する.寝た後,機体はリラックス状態になり、抵抗力が一時的に下がる.ここは夜、気温は下がって、冷たい風が襲来する、露を招きやすい加身、頭痛、腹痛、関節不良と消化不良と下痢を引き起こす.夜野宿は蚊に刺されやすい、病気になる可能性があり、脳炎などの病気、脳炎などの病気になる可能性がある.>>>夏季の養生よんしよ食べ物を持って離れない民間の処方の斑点肌

に、不適夜臥贪凉

漢方医は頭は諸陽の会が、頭部は人体の陽の息の集まるところ、夜臥吹いて寒くて、きわめて容易に折れて、陽は,長い時間を経て、散って陽で往生した.したがって、我々現代人は特に注意して、夜寝るまでエアコン冷気、この習慣しやすく、風邪、顔面麻痺、関節痛、腹痛下痢、身体へのダメージは深刻な.

P3、お昼寝が足りないんですが

夏は昼が長く夜が短い、気温が高くて、人の新陳代謝が旺盛で、消費量も大きく,健康衛生、疲れやすい.夜間の暑い、眠れない、睡眠不足につながる.そのため、昼ごろに1時間寝て、健康に対して大きいことに対して大いに利益を.身体各システムが休ませ、熱中症の防止にもよい措置だという.

よんしよ、多く食べるべきでなくコールド

暑い夏で、胃腸を受けたら大量コールド刺激、加速はうごめいて、食べ物に短縮小腸での滯在時間、人体に影響食品の栄養の吸収.また、夏季気温が高く、体内の熱量は容易ではありませんし、胃腸内の温度も高く、急激に寒くなったら胃腸けいれん、腹痛を引き起こします.

P5、喉が渇いて急に飲むことはありません.

夏は汗、多く人が一気に飲み水に多く、心臓の負担を増加することができて、血液濃度が下がり、甚だしきに至っては現れて、息が続かない、寝汗などの現象.少量の水は先に飲むには少量の水を飲み、しばらく飲むことにした.

6、飲料で白お湯に代わりには入れないで<P>としては

サイダー、ジュース、コーラなどの飲み物には、多くのサッカリンと電解質が含まれています.これらの物質は胃に対して不良に刺激して、消化と食欲を影響して、大量に飲んで、また腎臓のろ過負担を増加し、腎臓機能に影響を与える.そして、多すぎる糖分会を増やして人体の熱量を増やし、人を肥満させる.そのため、夏には飲料水を飲んで、お湯を飲んで、特に児童と老人は、更に多く飲んで飲み物が多く飲むことを飲んで.

7、電気扇風機は長く吹かれてはならない、と、7、電気扇風機ではなく、Pp扇風機吹く