5月, 2016年

どうして老人は健康衛生大便をしていないで

2016-05-30

老人にうずくまっているウンチなら、鼠径部と膕先の動脈血管が折れ曲度大いに減少し(通常はよんしよO度)、下肢の血管にも深刻に曲げ、血行障害になる.加えて排便の時によく息をひそめるに力を入れて、腹圧が高まると,血圧が急激に上昇これをもたらしやすい脳血管出血が,健康衛生、その脳卒中.

日常生活でよくある老人が脳卒中のトイレで、意識不明の重体となって、半身不随轻者、重症による死亡.便通の方法に座っている方法は,上記現象の発生を避けることができる.大便が座っている時、下肢の灣曲度はきゅう、くO°ごろ、血流障害にならないことも、血圧が上がるのは、もちろんにくい事故が起こった.だから、お年寄りは、しゃがむの姿勢を取らないようにしておくべきだ.

農村でインストールしたら便座不便と、年寄りに用意して穴を掘って中間方凳トイレで予備、高齢者を免除腰掛の苦しみ.

(実習編集:江燕)