6月, 2015年

「晨勃」男性性の健康の重要性

2015-06-04

晨勃男性性の健康の重要性医網要旨:朝目覚めたら男性前膀胱の中に尿満ち溢れ、よく現れ晨勃の表象と、その自覚の生理的表象いいえ人の根性を運ぶ、年齢の増加に従って、ペニス勃起回数や時間も徐々に削減して、体に対して通常影響はない.朝目覚めたら男性前膀胱の中に尿満ち溢れ、よく現れ晨勃の表象と、その自覚の生理的表象いいえ人の根性を運ぶ、年齢の増加に従って、ペニス勃起回数や時間も徐々に削減、体に通常の影響はない.朝目覚めた時に男性が多いばかりで、さりげなく発見の自分のペニスを抑えた尿に硬い:時々勃起状況は明らかで、比較的堅調、これをする場合の男が思わずに喜びは、という性能力の強い表現;もしある日発見晨ボブが消えたと心配になってきた、というのを予告している自分のダメ.実際には、だけでなく、朝には無意識の勃起状況、男性深度睡眠過程の中にも、勃起状況.そんなペニス勃起通常が断続的にレム期、つまり夢の段階.そんなペニス勃起通常心理の要素の妨害を受けないことにより、その表現男性機能の状況.臨床の上で、この勃起硬軟場合、性機能の研究や治療を提供し、極めて重要な指標.一般的に、男性は毎日夜3~5回の勃起は、毎回勃起時間平均15分だが、およそ1時間の長い.ただ神経、血管やペニス海绵体構造と機能は正常で、が勃起.臨床の上で男性があるかどうかを診断器質性ed(勃起障害)時、また専門硬度計の検査で夜間勃起状況.機器の体積は約手のひら大、固定太ももに、また二つのリング、陰莖の頭と底.記録できる一晩ペニス勃起の回数や毎回勃起時間と硬さ.この検査は生理的、心理的重要性ed鑑別診断.ちょっとed患者したこの検査後、自分を発見する実はない勃起障害、ed問題も治愈して.現在も、1位ドイツ医師を提出し、男は病気の間、朝ペニス勃起の現象が消えます;体が回復した後、朝ペニス勃起現象が再び出現.でも、自分が観察朝勃起状況のやり方は客観的、男性の方はこの点だけですぐ自分で診断edましたかどうか.時には過労、体のその他の方面の問題にもつながる夜勃起異常.それが無駄な心配が入るほど心配ないほど心配しないほど、ほどの悪循環で、甚だしきに至っては本当に現れed.