男性保健の健康衛生夜は何時に足湯して最も良いです

2017-04-27

p男はよく聞くと、いったい何をやっているのか、何が一番だ.実は腎臓はそんなに難しくありません.日常生活の中で私たちは足を浸すことができて、あなたは信じますか?もちろん足の足湯もこだわりの、ある、一にみてみましょう!

p>足裏64 <の反射区、それぞれ、人体の内臓.私の国では昔から毎日食べて足を洗って、勝強壮剤の言い方.

夜ななしち~きゅう、く点は、腎臓の血気の弱の時、足がちょうど補充血気.夕食後の半時間の内で足を浸してから食事をした後,人体の血液のほとんどが流れた消化係統、この時の足べき流れ消化係統の血液は流れ下肢、消化係統は十分の動力を招いて食べ物を消化し、消化不良.

の足は時間が長ければ長いほど良くなるべきで、足の甲発赤、体を宜汗ばむ.足の温度は人によって違い.人の正常な体温は36℃~37℃で、足湯の水温は正常に正常に比べて2℃~3℃まで高くて、約40℃.足に繭の多い人、水温は適当に少し高い;子供の皮膚は柔らかくて、水温が低い点、糖尿病患者は、足がないので、敏感肌、水温も低く、高易を引き起こす皮膚火傷.

足湯の水量は十分です.下腿に水を到着させるには最高、少なくとも足首はしない.

pXiangjie足湯の養生効果

pの夜の足湯のメリット

いち、に医学上の解釈が多く、足の裏に我々人体ツボで、熱の泡の足、私たちは人体の血液循環を加速して、2つにはこれらのツボを刺激することができて、人体に保健の効果を、一般的には夜がきゅう、く時の足を目安にして,健康衛生、その時の足は補って、腎臓の息の最高の瞬間.

P2、足湯は新陳代謝を促進、体内循環を強化し、血液から足の先までを送り、高血圧、心臓病、脳卒中などの高危険性疾患の減少にもなります.

水の温度は暑いが、火傷しないと、約摂氏45度.ぬるま湯に加入に塩大さじ食塩,消炎、殺菌、通便の効果

さん、足のメリットは足の裏の血液循環を促進することができて、人体の足の裏が長期にわたって体の底に、冬の微小循環が十分でないと、足を浸して血液循環に役立つて体内の老廃物を供給養分.

足湯は神経反射で疾病の作用の治療を治療することができます.足湯によって足湯の材料を調整することができる.足湯時間半時間でいい.

生姜は足の良い足湯に良いです <いち、生姜の足を浸して風邪を治療:ひとつの親指大の生姜湯の中に入れたり水を煮沸して、じっとしていて水温が適当(よんじゅう度前後)風邪病人に足を防ぎ、症状が進むと、風邪を阻止.たとえ、風邪をひかない人も、生姜の足の作用を果たすことができるを、これによって風邪予防.

p2、生姜>