無健康衛生題_ 1117

2016-04-13

たとえ日は靑、草は緑の、太陽は依然として東方から昇って,健康衛生、心の中は依然として暗黒です.

私は今何があって、選択のこの専門、私は今あるの、果てしない後悔します.教師は教師が偉大な職業だと思って、快適な職業,また誰が教師の苦悩を知っています!

に向ける先生として、私はずっと自分の仕事の責任ができて、しかし誰が私たちの苦労を理解しますか?一人のクラス、四十個の子供は、二人の先生一人のおばさんしかいない 女性媚薬.子供のいたずらに、頭が痛くて.毎日毎日ある日、言い付け、言い付けのもっと多い、もっと家長の厳しい、私はあえぎがある……

同僚は毎日いずれも私と言って、幼稚園のことが多すぎて、毎日子供に泣かれて笑ってしまった感じは少し希望人生.私は彼女を慰めて、しかし私も結局瑣事に悩み、週計画、子育ての知識、テーマの壁など、すべて私は頭痛がして、毎日の残業、人をいっそう疲れさせます……

夜、暗くなって、私は1点の光が見えなくて、私の将来,私の前方の道を見ることができない……