南部地方の医療福祉ビジョンをご存知ですか?

みなさん、各々感じるものがあリ変化されていく様子もみてきました。レビトラ特に基本手技法はから基礎を徹底的に学ぶことができるのでみなさま手技•技術•内面含め変わられていく姿を私は見させていただきました。中には学んでいる中や終了した後 などに、転換期も迎えられる方もいらつしやるように感じました。高野先生のインナー マッスル整体術の手技•技術はひと押し、ひと押し吟味をしてこだわリを持つた手技はとてもシンプルなのだけれど、シンプルさゆえ奥深く難しくもあリ、全てが出てしまう、けれどそれが出来るようになるのと同時に様々なことにリンクをして自分自身が自然にどんどんとシンプルになつていきます。
医療福祉ビジョンは、団塊の世代が75歳以上となる2025年の目指すべき地域の姿に向け、重点的に取組む方向性をまとめています。保健衛生所では、市の取組を支援するとともに広域的取組を推進しています。中にも健康情報を提供しています。
そして、シンプルさがあるから、自分自身がクリア—になリ’クリア—な圧を入れる ことが出来る、ものすごく自分自身が手技そのものになつていく奥深い術だなと思つ ています。施術者側がいつも心身共に健康、常に安定をしている状態でいないと、お客 様に元気をあたえることはできないと考えているからです。