健康食男性冬食健康衛生五不適

2017-04-28

pは養生の角度から、冬季は冬至に、人の陽の陽は回復、鬼気は消えて、この時は栄養を補うのは良い時間です.でも皆さんは進むことに補う時も重んじる原則.冬大补べきでなくて、特に体が比較的に弱い人あるいは疾病患者、あるいは体の時に医師のアドバイスに従って比較的に良いなら.私たちは冬に多く食べない食べ物を食べないようにしましょう.

p1、多くの食用オレンジ

を食べ過ぎたことがありませんp> <ミカンはカロリーの大きい果物、使い捨てのようにかかわらず、大人も子供も、つながる“のぼせ”が、乾燥、喉の腫れなどの症状が口.だから、みかん食用するべきでありませんが多すぎて、もしは“のぼせ”使用昆布ごじゅうグラム、洗濯後はみじん切り,煎茶水代の飲み物が、のぼせ.

p2、よく食べる土鍋料理

はよく食べないで

使用土鍋煮込み料理、加熱時間が長すぎて、動物性タンパク質を分解食用原料、水の化能力が低下し、ゲル液体大量析出させ、靭性が増え、食用時口当りは悪くて、人体の消化吸収に役立たない.また、土鍋シチュー、原料のミネラル、ビタミンの損失率が高い.また、密封が厳格、原料には異臭物質も逸出、一部戊酸や低脂肪は原料と出汁に殘、熱反応で人体に有害物質が生成されている.

p3、過熱のドリンク

を飲みません.

飲用温度の高すぎる飲み物、広範な粘膜皮膚の損傷を引き起こすことができて、タンパク質は43℃から変性、胃腸粘液ではろくじゅう℃の時に生じる不可逆の分解、47℃以上の場合、血細胞、培養細胞移植と全死亡なので,健康衛生、冬はいつも飲むの過熱飲み物.

P4、黒斑のさつまいもを食べない

を食べないP表皮は褐色か黒い斑点のさつまいも、黒斑菌の汚染を受けました.細菌毒素排出のスポット、含まれているサツマイモドンとさつま芋アシロインさせ、サツマイモが硬くなり、苦い、人体に有害の肝臓.この毒素で煮沸,蒸すと焼き、その生物活性は破壊できないので、生食や熟食べる黒斑病のサツマイモは中毒を起こす.

P5、体が弱いと犬肉を食べない

Pの冬、多くの人は犬肉のしゃぶしゃぶ、犬肉は脂っこい、しかし産熱量は大きく、温は寒さを防ぐ能力が強い.そのため、真冬の季節、多くの犬肉を食べて利益のある.しかし、決して盲目には肉を食べることはできません、狂犬肉肉を食べて、狂犬病に染めて.

は、お茶を食べる後にお茶を飲みます、これは茶の中のタンニン酸と犬肉の中の蛋白質と結合するため、1種のタンニン酸蛋白質の物質を生成することができます.この物質は一定の収束作用を持ち、腸がうごめいになり、大便に水分が減少することができます.そのため、大便中の毒物質と発ガン物質は腸内に滯在時間が長すぎて、人体には.だから、犬肉を食べた後、すぐにお茶を飲むべきではありません.

冬の養生の飲食

には