イケメン冬健康衛生(風呂に入っ

2016-07-21

寒いので、一般人は寒がりで,いつも寝る前に暑い湯風呂に入って、洗濯し終わったらすぐ寝床に逃げ込むて、これはもちろん快適になりました.でも、どのくらいのことはできない、体は痒くなり、いつも知らず知らずのうちに西に掴まています.あなたが気づく一大事だ時、皮膚は血まみれ、酸鼻の極ました.これは冬のかゆい、なめてはならない、それはあなたに傷だらけ.

Pはお湯やお風呂に入る時、角質層はサラサラになり、皮膚は柔軟で快適に、非常に楽しむことができます.しかししいち~2時間後には、角質層の回復をもとにして硬くて,健康衛生、そこでまた同じ布団で覆われ、熱を角質層に膨らみ、かゆみをより強く、もちろんが散々かゆいところをかくした.

一番の方法は,洗い終わったら乳液で角層を潤すようにし、素早く追い散らす.できるだけかゆい感じ;本当にとてもかゆくて、爪を爪に行かないで、さもなくば、本当にそうです
早漏対策.

また、冬は熱湯を洗う、水温のコントロールも注意し、摂氏50℃以下に維持されていない水は皮膚表層の油脂を押し流す、乾燥させないようにした.また寒い冬は不要、毎日風呂に入って、もし眠る提案を助けるために、何でもできる、石けんやソープ、簡単に心頭にお湯の入浴、こんな気持ちは健康な.

(実習編集:童文冲)