ほかに健康衛生「純パーマにダニ(凍」

2016-03-29

Pは寝る時、鼻がかゆく、シーツを交換する時はずっとくしゃみ、服を整理する時鼻水が続けざま、座ってソファーの上で全身がかゆい……これらはダニの仕業.三月は日焼けされ、百万ダニはあなたに付き添って寝、ダニのようにステルスキラー、四六時中あなた,の健康を浸食している.

 

中華医学会変態反応単位会全国委员、首都医科大学附属北京世紀壇病院アレルギー科主任王学艳て《生命時報》記者ダニ適切な生存環境と人間に似ているので、それはほとんどないところはない、食糧、綿花、毛皮甚だしきに至ってはエアコンの中ではその隠れ,て、特に毎年ろく~きゅう、く,月気候蒸し暑くて、ダニより狂っている.ダニは目に見えない小さな動物は、適切な生存在25℃前後、湿度55%~75 %で、暗い環境で、人体にふけを生を吸う.それの繁殖能力が強くて、これもダニ滅のきれない重要な原因.人体と接触ダニ後、轻者、ニキビや肌荒れ、重症による脱毛、発疹、アレルギー性鼻炎、ぜんそくなどの疾病.

王学艳主任を強調し、多くの人がダニアレルギーの表現は、気にしない、またはそのと勘違いして風邪を引いて、それは人々の普遍的な存在の落とし穴.鼻が詰まって、くしゃみ、流涕,、せきや皮膚のかゆみ、明らかに誘発要素、例えば清掃、エアコンをつけて、片付け旧タンス、接触ほこりに症状が繰り返されないに伴う発熱や全身の中毒症状を訴え、夏や夜症状、ダニアレルギーは気をつけて、直ちに病院までアレルギーを提案元、その80%ぐらい患者が全快することができ.

壁蝨薬には、即効薬がない、長期堅持して、やけど、干し、凍、4点を長期的に頑張って、そのために、この4時、彼らを殺すことができます.王学艳紹介り、ダニまず保証家屋や衣類乾燥衛生、よくないが、寝室で置いて草花などが、アレルギー体質の人は使わ,ないほうがいいカーペットや布製ソファ.次に、よくお湯で烫洗シーツ、普通は55℃のお湯の中でただご分ダニが殺される、または25℃以上のお湯を使って、入れて洗濯粉、ご分液体に浸して、除い,てもできるダニ作用.再び、11時,~14時の光がたっぷりの時、布団は日光の下で照りつける.ダニは自身は殺傷力、その死体と排泄物もアレルギー誘発の重要な元凶だと、さらに追い風とけるたたいて布団、その死体を振るい落とす.最後に、毛や布おもちゃなどを密封袋に入れて、冷蔵庫の冷凍階には、一般のマイナスじゅうななじゅうしち℃~マイナスにじゅう℃24時間ダニが凍死、注意しなければならないのは、冷凍後洗浄除去死んだに.

 

また、ネットにも伝わっているいくつかの除ダニ(で、例えば消毒剤を拭いた.ソファー、マットレス等.王学艳主任は、この方法は有効だが、消毒剤を提唱してからは、自身がいくつかのアレルギー反応を引き起こすかもしれません.ブラックビニール袋セットで布団干しをしている人は、理論上は実行し、効果的に保証できないと提案する人もいる.近年、まだ起こったという、ダニ機の神器と名乗る褥のその各>に